FC2ブログ

ビニール.com

Entries

Date : 2016年07月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。ご無沙汰です。
齊交の上村です。皆様はお元気にしてらしたでしょうか?
私は・・・・それとなく元気なような気がします。
またまた更新までずいぶんと間が開いてしまいました。
忙しい(こればかり言い訳していても仕方ないのですが)+ネタをよう見つけないってので更新が滞りました。
これからは一行日記みたいなものでもいいので少しずつ更新できるといいなぁ(遠い目)

さて、今回は先日施工を終えました案件をご紹介したいと思います。
愛知県のお客様、新愛知電機製作所様へお邪魔させていただき大型パイプカーテンの設置をしてきました。

IMG_2016-2.jpg


今回は風+雨除けがメインです。
内容としては単純で、大きい壁を作れば雨風を除けられる。
ただ、問題はそのでっかい壁、仕切りどう作るか維持するか

ではどうしましょう?木、鉄、その他材質のボードを用意するのもいいでしょう。
確かに雨風に対しては抜群の性能を誇ります。
が!間口が大きくなればなるほどあまり分厚いものや大きいものは収納するのが大変。
というよりも用意して設置するのにふた苦労ぐらいしそうな感じです。
かといって薄いものや小さいものでは強度的にやや心配。
布なんかは収納には困りませんが当然ながら雨風を通しやすいし・・・・・

そんな両者のいいとこ取りがビニールシートだったりテントシートだったりするのです。

防水性に非常に優れており、雨風は完全にシャットアウトできる上、
シート自体は柔らかいので曲げたり折り畳んだりが容易なので収納には困りません。
今回は明るさを維持したかったので外からの光を採り入れられる厚めの透明ビニールシートを採用しました。
日陰がほしいのならテントシートがバツグンにオススメです。

ただ、上から下まで稼動するシートにしてもいいのですが、大きすぎてもシートの重量が増え、
重すぎて動かすのが困難になるだけでなく、レールやランナーなどへの負担が非常に大きくなります。


稼動域をそのままに負担を軽減するには大掛かりな仕掛けを用意しないといけません。

当然なのですが、

如何に効率よく!賢くスマートに!!
お財布事情に優しく仕上げられるか!!!


というのもかなり重要になってきます。

今回の場合は上の部分はシートを固定。強度を保つのに必要な骨を残しつつ稼動部分の重量を極力軽くし、シートの動かしやすさと取付部材への負担を減らした上でそれ以外の大掛かりなギミックを全て取り払うことでコストを抑えました。

IMG_6301.jpg   IMG_3297.jpg

この日は見事なまでの晴天で絶好の施工日和でした。
終わりの方は雲が出てきましたが作業も順調に進んでいき、無事に終了。

IMG_9918.jpg

今回の案件は新愛知電機製作所様にも大変好評!

それもそのはず。
齊交さんでも近年でも1、2を争う綺麗な仕上がりでその出来に担当者も思わず感無量だったりするのです。


写真では中々伝わらないかもしれませんがかなり迫力あります。
どれ程かはぜひご自身の目でということで今回はこの辺で。
スポンサーサイト

プロフィール

齊交株式会社

Author:齊交株式会社
皆さんこんにちわ!
齊交株式会社です。


◇◆齊交株式会社とは◆◇

岐阜市に本社・工場、名古屋の丸の内に営業所を構える軟質ビニール、テントシート、ポリエチレンをはじめとした軟質プラスチックの二次加工メーカー。
交通安全協会等の免許証入れ、腕章、警察手帳などの小物加工品から大型のものは遊技業界から建築業界までシートシャッターやテントハウス、ブース、間仕切りカーテン等の製品を加工しています。
ビニールのお悩みは齊交株式会社まで。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © 齊交株式会社
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。