FC2ブログ

ビニール.com

Entries

Category : その他

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰です。齊交の上村です。
とりあえずの生存報告をば。


我々ビニール業界は冬場がかき入れ時だと以前どこかの記事で書いたような書かなかったような。

かくいう今年はというとなんだかよくわからない忙しさ。
昨年の年末前辺りから慌ただしくなりあれよあれよと2月に至ります。
目が回るくらい忙しくて死にそうです、ハイ。

最近はというと専ら工場に入って加工をしてます。
お仕事があるということはいいことなんでしょうけど、ねぇ・・・・
もう少し波が平らにならないものかと常に思い悩んでいる今日この頃でございます。
なので更新する気も起きないというかなんというか。
ホントはマメに書かないといけないんでしょうけど(--;

というかボク以外の人もブログ触ればいいんですよ。
パソコンでタカタカ文章打つだけなんだし普段からパソコン使って仕事してるんだから誰にでもできるはずなんですがねぇ。
・・・・とグチをこぼしても仕方ないのでこの辺でやめときましょうか。


まぁ折角更新する気が起きて且つ時間が確保できたんで1つ新商品のご紹介でも。

あのアキレスさんから『スカイクリア』なる新しいシートが発売されるそうです。

実際に現物を見てみましたがフムフムなるほどこれはこれは。。。。

今までのシートよりも更に透明感がある気がします。
というか実際あるんでしょう。パッと見で「おっ!」っと思うくらいには違います。
普段あまり見慣れていない方が見てもわかるのではないかと。

見せてもらったサンプル品が凄くいい状態のものだと言う可能性は無きにしも非ずですが


なにやら窓ガラスの代わりとして透明の塩ビシートを使うのだとか。
割れないから危なくない。
ありそうでなかった発想。
まぁ従来品だとシートのくもりやシワなんかが結構気になって代替品として使用するのを躊躇われていた感はありますな。
実際に従来品でガラスの代わりに使うと言われたら私自身ももあんまりお勧めはしたくないですし。

ただ何もない場合やガラス窓と比較すると何かあるなー程度には視界が歪むので完全クリアな視界という感じにはならないですがまぁそれほど気にならないのでかなりいい感じの商品なのではないかと思います♪


どれくらい違うのかという一般フィルムとの詳しい比較等はまた後日にでも。


どうしても気になって夜も眠れない!という人はメーカーさんの方に記事が掲載されているようですので検索してご覧になられてみてはいかがでしょうか。

・・・・思いのほか時間をかけてしまった(;_; )
加工に急いで戻らなくちゃ。

では今回はこの辺で ノシ
スポンサーサイト
今年の夏もめちゃめちゃ暑かったですね。
毎年気温が右肩上がりになっていってるような気がしてなりません。
しかしそれも夢だったかのように最近は蝉の声も落ち着き、
朝晩には少しばかりの涼しさが戻ってまいりました。

毎度お世話になっております。齊交の上村です。
雨が降ったり止んだりのよくわからない天気が続いてます。
今年の梅雨はあまり雨が降らなかったような印象だったのでその分が今降ってるんでしょうか?
ジメジメはあまり好きじゃないので困りものです。


さて、まずは近況のご報告でも。
齊交さんはというと例年で行くと冬場が忙しくて夏場は時間が結構あるのです。
が!今年は何が起こったか。とてつもなく忙しかったです。
ホントにどうなってるんだか・・・・
工場へ丸々1週間手伝いに行ったのも今年の夏がはじめてな気がします。


今年はカバー製品が非常に多かった印象。
それも影響してなのか、製品の納入が思うように行かなかったです。
なぜにカバーの製作にお時間をいただくのか。
気になるその工程なのですが・・・・

①パーツとなるシートを作る

②①で作ったシート同士を接続する

③形を整えて立体にさせる。



大雑把に書くとこんな感じ。意外と工程数が多いのです。
①と②の工程で通常のシートだったら1、2枚程、場合によっては3枚4枚作れてしまったり。
これに窓だったり煙突だったりのオプションが付くともう大変!

実はカバー製品は思っているよりも製作に時間がかかってしまうんです。
この辺りの作業工程は可能な限り少なくし、効率化を図ってはいるのですがこれ以上は現状では中々(T T)
その代わり納得される出来に仕上げてます!・・・・のはずです!
ご注文を頂戴しておりました皆々様にはご迷惑をお掛けいたしましたorz


折角お話が出ましたので一例ですが機能なんかも合わせて別記事でどんなものができるのかをご紹介したいと思います。

では一旦この辺りで。
こんちには。サボリ癖がある齊交の上村です!
いやいや、そんなことはないですよ。(←本当か?)

久々の更新です。前回からずいぶんと間が開きましたね。
ご無沙汰しておりました。更新担当者は例年通り、春の風物詩の症状と戦いながらなんとか元気でやってます。
皆様も元気に健やかに毎日をお過ごしでしょうか?

しかし1年近くですか。
昨年~現在までに色々ありましたねぇ
会社の仕組みがちょっと変わったり、同期が結婚披露宴をしたり。
色々ありすぎてあんまり覚えていませんが(^^;

お仕事的なお話だとありがたいことに弊社工場は冬場に結構な盛り上がりを見せましたかね。
私もそこそこな頻度で工場へ駆り出されました。
最近だとかなり大きいサイズのシートを作ってほしいという依頼が多くなりましたかねぇ。
 し か も 分 厚 い の ! ! ! 

透明なシートで2.0tとか3.0tとか色々厚みがあったりするんですけどあれ、加工するのに結構手間取るんですよ。
うちでは『 熱でビニールを溶かしてくっつける 』という加工をしてるんですけど
分厚いものは熱が伝わりにくくてくっつきが悪い!
くっつきが悪いということははがれちてしまうんですよねぇ。。。

やってやれないことはないです。うん、やれないことはないんですよ。
普通、2.0+2.0=?って聞かれると算数では4.0。

でもビニールだと3.0だったり場合によっては2.0になってしまったり。

頑張ってくっつけるためにいっぱい熱をかけて溶かすからなんですが。
厚みが増えるにつれてそれに比例し、加工部は弱く(または不恰好に)なっていきます。
上にも書いたとおり、無理やり(と言っても過言ではない?)加工をしているからです。

後でどやされるかもしれないのでここだけの話にしといてくださいね(^^;;;


分厚ければ丈夫でしょ!!!というお客様、大勢いらっしゃいます。

確かに仰る通り。シート単体で見れば厚ければ厚いほうが裂けたりすることはなくなりますね。
でも規格で出回っているシートよりも大きいものを作るとなると話はちょっと変わってきます。
当然大きいシートへと加工を施すからです。
シート自体は強いんですけど加工したところは結構弱かったりするんですよね。
一応ご了承をいただいてから製作をさせていただいているのですが

いいお値段のするシートを買っていただいても
直ぐに使えなくなってしまっては弊社としても非常に申し訳ないのです(´・ω・`)



適材適所という言葉があるくらいですから最適なものがきっとあるはずです。
ホントにその厚みが最適なのか?もしかしたら条件に一番適したものはビニールじゃないのかもしれません。

「でもそんなこと言ったってどんなのを使ったらいいのかわからないもん。」

仰る通りです。
(逆にこの辺りをご存知なのでしたらビニール屋さんをやられてはいかがでしょう?)
ということで次回は(果たしていつになるのやら?)どんなビニールがあるのかをご紹介してみたいと思います。


厚みの薄いものから分厚いものまで。色付きのものや多種多様な機能を備えたもの。
要望に応えられるフィルムがきっとあります。次回ご紹介して新たな発見をしていただければこれ幸い。
皆々様の素敵なビニールライフのお助けができればうれしいです。


ということで、次回をお楽しみに!ではではこの辺で。
皆さんはじめましての方ははじめまして。
そうでない方はお世話になっております。

齊交株式会社の上村と申します。

この度齊交さんで新しく社内行事塩ビなどの情報を発信する場として
ブログをはじめることとなりました。

どんな会社なのか気になる!
と言う方は今回はごめんなさい。。
詳しい会社概要は省略させてください。
詳しく知りたいと言う方はぜひ検索してみてください。

簡単に説明すると弊社はビニールの2次加工品をメインに皆さんのお役に立てるように日々頑張っています。



のんびり更新になるかとは思いますがお付き合いいただければ幸いです。


まずははじめましての挨拶を、ということで。
それではまた。

プロフィール

齊交株式会社

Author:齊交株式会社
皆さんこんにちわ!
齊交株式会社です。


◇◆齊交株式会社とは◆◇

岐阜市に本社・工場、名古屋の丸の内に営業所を構える軟質ビニール、テントシート、ポリエチレンをはじめとした軟質プラスチックの二次加工メーカー。
交通安全協会等の免許証入れ、腕章、警察手帳などの小物加工品から大型のものは遊技業界から建築業界までシートシャッターやテントハウス、ブース、間仕切りカーテン等の製品を加工しています。
ビニールのお悩みは齊交株式会社まで。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © 齊交株式会社
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。