FC2ブログ

ビニール.com

Entries

とあるビニール加工屋さんの行事ごとだったり塩ビについてのあれこれをつらつらと書き連ねていくブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い日が続きます。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?


今回は愚痴7割くらいですかね。



ホントに悪いのはポリエチレンなんですけどメディアによる猛烈な塩ビフィルム叩きがあり停滞していた塩ビ業界。

世間的にはよくわかんないけど体に悪いって言うし、なんとなくビニールはダメだ!っていう理由で一時期酷い目にあいました。


細かいことですが・・・・

ポレチレン(PE)塩化ビニール(PVC)は原料こそ同じようなものを使用してますが、使用している材料や配合は違うものだという認識が世間にはあまりありません。

まぁ日常生活を送る上で、スーパーやコンビニで貰う所謂”ビニール袋”は塩化ビニールじゃなくてポリエチレンですって言ったってんなもんしらねーよって話ですわね。


そんなもんだから困った塩ビフィルム業界がなんとか作り出したのがポリオレフィンというもの。

しかしこれがまた厄介で、”代替塩ビ”ってことで売り出したもんなんですが代替なんだから塩ビとおんなじなんでしょ?とか言う人がおるわけですよ。


結論から言うとそれは大きな間違い。


大分類はおんなじ括りで、例えそれが似ていたものでも細かく分類すれば違うものなんてのは山ほどあります。


正確かどうかはわかりませんが”チワワ”と”ハスキー”、”レトリバー”etc.

全て”同じ犬”だ!って言う人もいれば他の人は全く違うって言う人もいますよね?


フィルムだって同じことです。

同じ”フィルム”や”シート”であっても”塩化ビニール”と”ポリオレフィン”は違うんです。


なので同じビニールだから加工できるでしょ?って言われてもそりゃ多種多様、特殊な機械がズラリと揃ってりゃそりゃ楽に加工できますが設備のないところじゃまず無理です。

だってそもそも違うものなんだもん。


その辺をご理解していただきたい。

まぁわかってくれと言った所で上の例じゃないんですけど当事者でなければそんなの知ったこっちゃ無いし、そんなの自分には関係ないし。


悲しいかな、大体知らない人って知ってみよう。理解してみよう。とはしないんですよね。

理解するのに結構な時間と労力がかかりますから・・・・





はい、愚痴終わり!


なんか知らないんですけど夏場にしてはボチボチ仕事があるので仕事してきます。

スポンサーサイト
こんにちわ。齊交の上村です。
ご無沙汰です。超が付くくらいご無沙汰です。

いつ以来?と前回記事を見てみると4月だそうです。
まぁ私としては今回の更新は早いほうですな。


はてさて、近況など。

今年は8月までは何かしらごたっとして仕事に追われておりましたが9月になるとピタッ!!と仕事がストップ。
ようやく落ち着いたかーというのが第一。例年だと夏場6、7、8月は仕事が止まるというのに。

別段これといって新しい分野への売込みをかけたり、もちろん新しい事業に手を出したりもしてません。
これは非常に珍しい。珍事ですよ!!一大事ですよ!!!!


工事案件が増えたのかと言われると別段大きな動きも無いように感じるし、
物品はというとこれというデカイ物件があったかというと春先くらいに1つあった気がしますがそれ以外だとお化け案件は無かったハズ

原因はホントに不明。
工場での生産量が前年と比較すると今年は中々いい伸びのように見えます。
少しずつですが物が流れてるかなぁという印象は確かに無くもないような。

ということは景気よくなってる?
んー・・・・別にそれ程とは思いませんけど皆さんはどうなんですかね。


まぁ何はともあれ我々としては非常に喜ばしいことなのでこの流れに乗ってジャンジャン製品を作ってお届けできればこれ幸い。


ただ今は仕事の流れが止まってるんだよなぁ・・・・
これまで頑張ってきたんで来月までの充電期間ってことで多めにみてください。
4月も末に差し掛かっていますがまだまだ寒い日が続きます。
こんにちわ齊交の上村です。


おい、春や。お前今どこにいる!?

世間一般はGWムード真っ盛り。
私自身も既に5月病を発症しております。


今まで忙しかったんだから少しくらい多めに見てもらっても・・・・あ、ダメですか。そうですか

はてさて、結構前の出来事ではありますが今回は風除室のご紹介。
比較的暖かい地域の方には中々衝撃的な絵面ではありますがさむ~い地方には結構馴染みの設備です。


風除室ってなんぞや?

玄関の前にもう1つ設けた部屋のことで、屋外と屋内にワンクッション置くことで直接の気温の影響を緩やかにすることが出来るという設備だそうで山岳地帯や日本海側などの豪雪地帯と呼ばれる冬の寒さが身に凍みるところには結構な割合で設置されてる印象です。

百聞は一見にしかず。

CIMG1770.jpg
所謂こういうやつ。


ホントに意味あるの?って感じですが岐阜市内とは比にならないくらい、もはや寒いという表現では物足りないくらい冷えます。
外出、帰宅時に毎度毎度外のマイナス云十℃なんていう風が直接家の中に吹き込んでこられては確かに堪ったもんじゃありませんわな。

ということで風除室は


・・・・・・超重要です!!!



一般的にはドアや壁面はガラスを使うことが多いのですが、全面ガラス張りだと当然ですが結構いいお値段します。


CIMG1773.jpg

ある程度の透明性を維持しガラスと比較するとコストを抑えつつ、必要の無い時は出入口の間口を確保する為に端へ避けられるように今回は耐寒性能のあるビニールシートを使用しました。



CIMG17741.jpg

こういう芸当はガラス板では実現させるのが難しいですからね。




かなり地味ではありますがそれとなくビニールシートの強みを活かせた物件でした。
また、気が向いたら面白そうな製品のご紹介ができればと思っております。


ではまたノシ
ご無沙汰です。齊交の上村です。
とりあえずの生存報告をば。


我々ビニール業界は冬場がかき入れ時だと以前どこかの記事で書いたような書かなかったような。

かくいう今年はというとなんだかよくわからない忙しさ。
昨年の年末前辺りから慌ただしくなりあれよあれよと2月に至ります。
目が回るくらい忙しくて死にそうです、ハイ。

最近はというと専ら工場に入って加工をしてます。
お仕事があるということはいいことなんでしょうけど、ねぇ・・・・
もう少し波が平らにならないものかと常に思い悩んでいる今日この頃でございます。
なので更新する気も起きないというかなんというか。
ホントはマメに書かないといけないんでしょうけど(--;

というかボク以外の人もブログ触ればいいんですよ。
パソコンでタカタカ文章打つだけなんだし普段からパソコン使って仕事してるんだから誰にでもできるはずなんですがねぇ。
・・・・とグチをこぼしても仕方ないのでこの辺でやめときましょうか。


まぁ折角更新する気が起きて且つ時間が確保できたんで1つ新商品のご紹介でも。

あのアキレスさんから『スカイクリア』なる新しいシートが発売されるそうです。

実際に現物を見てみましたがフムフムなるほどこれはこれは。。。。

今までのシートよりも更に透明感がある気がします。
というか実際あるんでしょう。パッと見で「おっ!」っと思うくらいには違います。
普段あまり見慣れていない方が見てもわかるのではないかと。

見せてもらったサンプル品が凄くいい状態のものだと言う可能性は無きにしも非ずですが


なにやら窓ガラスの代わりとして透明の塩ビシートを使うのだとか。
割れないから危なくない。
ありそうでなかった発想。
まぁ従来品だとシートのくもりやシワなんかが結構気になって代替品として使用するのを躊躇われていた感はありますな。
実際に従来品でガラスの代わりに使うと言われたら私自身ももあんまりお勧めはしたくないですし。

ただ何もない場合やガラス窓と比較すると何かあるなー程度には視界が歪むので完全クリアな視界という感じにはならないですがまぁそれほど気にならないのでかなりいい感じの商品なのではないかと思います♪


どれくらい違うのかという一般フィルムとの詳しい比較等はまた後日にでも。


どうしても気になって夜も眠れない!という人はメーカーさんの方に記事が掲載されているようですので検索してご覧になられてみてはいかがでしょうか。

・・・・思いのほか時間をかけてしまった(;_; )
加工に急いで戻らなくちゃ。

では今回はこの辺で ノシ
こんにちは。ご無沙汰です。
齊交の上村です。皆様はお元気にしてらしたでしょうか?
私は・・・・それとなく元気なような気がします。
またまた更新までずいぶんと間が開いてしまいました。
忙しい(こればかり言い訳していても仕方ないのですが)+ネタをよう見つけないってので更新が滞りました。
これからは一行日記みたいなものでもいいので少しずつ更新できるといいなぁ(遠い目)

さて、今回は先日施工を終えました案件をご紹介したいと思います。
愛知県のお客様、新愛知電機製作所様へお邪魔させていただき大型パイプカーテンの設置をしてきました。

IMG_2016-2.jpg


今回は風+雨除けがメインです。
内容としては単純で、大きい壁を作れば雨風を除けられる。
ただ、問題はそのでっかい壁、仕切りどう作るか維持するか

ではどうしましょう?木、鉄、その他材質のボードを用意するのもいいでしょう。
確かに雨風に対しては抜群の性能を誇ります。
が!間口が大きくなればなるほどあまり分厚いものや大きいものは収納するのが大変。
というよりも用意して設置するのにふた苦労ぐらいしそうな感じです。
かといって薄いものや小さいものでは強度的にやや心配。
布なんかは収納には困りませんが当然ながら雨風を通しやすいし・・・・・

そんな両者のいいとこ取りがビニールシートだったりテントシートだったりするのです。

防水性に非常に優れており、雨風は完全にシャットアウトできる上、
シート自体は柔らかいので曲げたり折り畳んだりが容易なので収納には困りません。
今回は明るさを維持したかったので外からの光を採り入れられる厚めの透明ビニールシートを採用しました。
日陰がほしいのならテントシートがバツグンにオススメです。

ただ、上から下まで稼動するシートにしてもいいのですが、大きすぎてもシートの重量が増え、
重すぎて動かすのが困難になるだけでなく、レールやランナーなどへの負担が非常に大きくなります。


稼動域をそのままに負担を軽減するには大掛かりな仕掛けを用意しないといけません。

当然なのですが、

如何に効率よく!賢くスマートに!!
お財布事情に優しく仕上げられるか!!!


というのもかなり重要になってきます。

今回の場合は上の部分はシートを固定。強度を保つのに必要な骨を残しつつ稼動部分の重量を極力軽くし、シートの動かしやすさと取付部材への負担を減らした上でそれ以外の大掛かりなギミックを全て取り払うことでコストを抑えました。

IMG_6301.jpg   IMG_3297.jpg

この日は見事なまでの晴天で絶好の施工日和でした。
終わりの方は雲が出てきましたが作業も順調に進んでいき、無事に終了。

IMG_9918.jpg

今回の案件は新愛知電機製作所様にも大変好評!

それもそのはず。
齊交さんでも近年でも1、2を争う綺麗な仕上がりでその出来に担当者も思わず感無量だったりするのです。


写真では中々伝わらないかもしれませんがかなり迫力あります。
どれ程かはぜひご自身の目でということで今回はこの辺で。

プロフィール

齊交株式会社

Author:齊交株式会社
皆さんこんにちわ!
齊交株式会社です。


◇◆齊交株式会社とは◆◇

岐阜市に本社・工場、名古屋の丸の内に営業所を構える軟質ビニール、テントシート、ポリエチレンをはじめとした軟質プラスチックの二次加工メーカー。
交通安全協会等の免許証入れ、腕章、警察手帳などの小物加工品から大型のものは遊技業界から建築業界までシートシャッターやテントハウス、ブース、間仕切りカーテン等の製品を加工しています。
ビニールのお悩みは齊交株式会社まで。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © 齊交株式会社
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。